head head
top
menu 機構について 会員企業・団体一覧 会員になるには TOPICS MAP よくある質問 お問い合わせ

ICカード専門委員会
   
ICカード専門委員会について
会員企業・団体一覧
会員になるには
会員向け
会員企業・団体からのお知らせ
お問い合わせ・登録情報の変更
ICカードとは
ICカードの特徴
磁気カードとの違い
ICカードの種類/用途
ICカードの現在の事例
ICカードの今後の展開
ICカードとは
ICカードの現在の事例
〜海外の事例〜
■ヨーロッパでの事例
ヨーロッパでの事例
ヨーロッパでは、磁気カードの偽造問題が早くから発生していたことから、早い段階からICカードに積極的に取り組んできました。
キャッシュカード、クレジットカード、電子マネー、テレホンカードなどに利用されています。

■韓国での事例
韓国での事例
1990年代から始まった交通料金の決済をきっかけに、急速にICカードが普及しました。 さまざまなICカードが存在しており、利用用途は多様です。 交通カード、モバイルカード、クレジットカード、電子マネーなどに利用されています。

■香港での事例
香港での事例
オクトパス(八達通)カードが非常に有名です。
バス・地下鉄などの公共交通以外にも、ファーストフード・コンビニ・スーパー・駐車場・自動販売機・レジャー施設など、200を超えるサービスで利用されています。