head head
top
menu 機構について 会員企業・団体一覧 会員になるには TOPICS MAP よくある質問 お問い合わせ

ICカード専門委員会
   
ICカード専門委員会について
会員企業・団体一覧
会員になるには
会員向け
会員企業・団体からのお知らせ
お問い合わせ・登録情報の変更
ICカードとは
ICカードの特徴
磁気カードとの違い
ICカードの種類/用途
ICカードの現在の事例
ICカードの今後の展開
ICカードとは
ICカードの種類/用途
接触型ICカード

ICカードとリーダ/ライタ(読み取り/ 書き込み装置)が接触するタイプ。
端末に挿入して利用することで、通信傍受に強く、トランザクションも安定するため金融系のサービスに適している。
非接触型に比べてカード価格が安価。ただし、非接触に比べメンテナンスコストはかかる。

用途:ICキャッシュカード、 ICクレジットカード、ETCカード、 社員証、学生証など。
非接触型ICカード

ICカードとリーダ/ライタが接触せずに相互通信を行うタイプ。
ICカードをかざすだけでデータのやりとりが行えるため、取扱いやすい。
ICチップ、リーダ/ライタ部分が露出しないため、野外や風雨のあたる悪環境でもメンテナンス頻度はあまり多くならない。

用途:
テレフォンカード、乗車券(電車・バス)、プリペイドカードなど。
接触と非接触の双方のインタフェースを1枚のカードに持たせるタイプのカード

ハイブリッドカード
接触と非接触それぞれのインタフェースにICチップを持つ2チップ型カード。 2つのチップ間で情報の共有はなし。



コンビカード
接触と非接触双方のインタフェースで1つのICチップを共有するカード。